糖尿病カーボカウント

糖尿病治療の食事療法でインスリンのカーボカウントについて

スポンサーリンク

炭水化物について 糖尿病

炭水化物について

食事のバランス、必要なエネルギー量、1日の炭水化物量が把握することができたら、
実際にどんな食品に炭水化物が多く含まれているのか知っておく必要があります。

 

「炭水化物」=「糖質」+「食物繊維」

 

以上と以下のように、

スポンサーリンク

炭水化物は「糖質」と「食物繊維」に大きく分けることができます。

食物繊維は血糖値を上昇させないので、
カーボカウントで把握する炭水化物とは正確には「糖質」のことになります。

しかし、
日本の栄養成分表示では糖質と食物繊維を区別していないことも多くあります。

 

多くの食品・商品は、
炭水化物≒糖質」と考えても良いのですが、野菜などは食物繊維を多く含んでいるので注意が必要です。

 

糖質の最小単位は「単糖」といい、低血糖時に摂取する「ぶどう糖」も単糖類に含まれます。

他には、果物に含まれる「果糖」も単糖類になります。

単糖が2個つながったものが、
「二糖類」で御菓子類に使用する砂糖、牛乳に含まれる乳糖、でんぷんが分解されて作られる麦芽糖などがあります。

「単糖類」と「二糖類」をまとめて「糖類」と呼びます。

穀物類に含まれる「でんぷん」なども多糖類に含まれます。

 

「糖質ゼロ」と表示された食品でも、
他の多糖類を使用していることがあるため注意が必要です。

 

炭水化物

    • 食物繊維:セルロース、ポリデキストロース、難消化性デキストリン。
  • 糖質
    • 三糖類以上:オリゴ糖、デキストリン、でんぷん、。
    • 糖アルコール:キシリトール、マルチトース。
    • 高甘味度甘味料:アセスルファムK、スクラロース。
  • 糖類
    • 二糖類:砂糖、乳糖、麦芽糖。
    • 単糖類:ぶどう糖、果糖。

構造の一部がアルコール類特有のかたちをしている「糖アルコール類」も糖質の一種です。
糖アルコールは、果物や野菜、海藻、きのこ類、そしてワインや日本酒、醤油などの発酵食品にも含まれます。

 

ぶどう糖や砂糖(ショ糖)、麦芽糖などを原料に、酵素反応や発酵によって作られた糖アルコールは甘味料として用いられ「人工甘味料」として知られています。

人工甘味料には、エネルギーが「ゼロ」のものもあり血糖は上昇しないため糖質として計算はしません。

 

次の「糖質と食物繊維の主な種類」を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

-炭水化物について, 糖尿病


 comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

血糖コントロール
副食の中で把握しておきたい炭水化物の食品

前回は、 「副食の炭水化物量」について述べました。 前回述べましたように副食の場 ...

血糖コントロール
糖質と食物繊維の主な種類

糖質と食物繊維の主な種類について一覧表にします。 「糖質」と「食物繊維」に分けて ...

血糖コントロール
カーボカウントとは

糖尿病にもいくつかの種類・分類があります。 大きく分類されるものが1型糖尿病と2 ...

副食の写真
副食の炭水化物量

主食の炭水化物は種類もそんなに多くないので把握しやすいですが、 副食となると毎日 ...

血糖コントロール
「糖質/インスリン比」「インスリン効果値」を用いた計算の流れについて

前回の「応用カーボカウント」の続きになります。 早速ですが、 (仮定1) 食前の ...



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

↓↓↓

糖尿病治療カーボカウントの
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!